銀座カラーとキレイモの学割を徹底比較!2018

 

このページでは、銀座カラーキレイモ学割の比較についてまとめました。
知名度のある脱毛エステサロンは「キレイモ?」あるいは「銀座カラー?」
どちらがいいか、迷ってしまいますよね。
こちらのページでは、両脱毛サロンの学割について比較してみました。

 

学生はだいたいお金がありません。バイトをやっても、それほどお金って貯まりませんよね。
大事なお金ですので、しっかりと使いたいでしょう。
そりゃあ、もちろん脱毛に対しても。
けれども、低価格ならばいいのではなく、きちんと施術してくれないとイヤですよね?

 

そんな誰もが気になるキレイモや銀座カラー等いずれが他のサロンよりも
学生にとって満足してもらえる脱毛方法なのかを比較しました!
それぞれのサロンの学割のメリットとデメリットを載せていきたいと思います!

 

 

銀座カラーの学割

良い点

・まさに脱毛エステサロンの老舗!
・コースやプランが単純明快!(月額制であってスタート時期は低価格)
・「学割(学生割引)」の制度がしっかり用意されている!
・空いている事が多く、予約が取りやすい。
・銀座カラーというネームバリューで信頼感がある

 

 

悪い点 

・料金体系が月額制で割高に感じる(実際のところは大差ない)
・ミュゼプラチナムに比べて銀座カラーのお店の数が少ない。

 

 

銀座カラーは脱毛学割の代表格だとも言えますよね!
地下鉄に乗っているとすぐに目を引くのは「銀座カラー」って感じです。

 

銀座カラーの学割の利用条件と必要なもの

 

銀座カラーの学割を利用できる人の条件

 

  • 1学生であること
  • 16歳以上で生理が2回以上あること
  • 初めての契約であること

 

銀座カラーの学割を利用する時に必要なもの

 

  • 学生証
  • 親権者の同意書(未成年で保護者同伴できないケース)
  • 身分証明書
  • 現金 か クレジットカード
  • 銀行印(支払いを分割ローンにするケース)
  • 銀行の口座番号が確認できるもの(支払いを分割ローンにするケース)
  • 学校の住所と連絡先が確認できるもの

銀座カラーの学割は《16歳以上で生理が2回以上来ている学生》
だったらどなたでも受けられます。
高校生や大学生、専門学生は言うまでもなく
30代、40代の人でも学生だったら利用OKです。

 

親権者の同意書はコチラからダウンロード出来ます
印刷できない人は、銀座カラーのお店で同意書を手に入れることができますが、
その際は、一旦持ち帰り親御さんに書いてもらうことになります。

 

 

 

 

 

銀座カラー

 

 

 

 

キレイモの【学割】

良い点 

・キレイモはとにかく早い!
・料金の仕組みがカンタンで覚えやすい(しっかり学割が存在します)

 

 

悪い点

・まだまだ店舗の数が多くない(増大中!)
・キレイモという脱毛エステサロンの認知度があんまりない。  
・月額制でワキだけなどのような部位限定コースやプランがありません。

 

キレイモはお店の数も拡大していて、
全国展開していると言っていいので信頼感も大きなプラス要因となっていますね。

 

 

キレイモのーの学割の利用条件と必要なもの

 

キレイモの学割を利用できる人の条件

 

キレイモの学割パックプランは次の学生が対象です。

  • 小学生(生理が始まっていればOK)
  • 中学生
  • 高校生
  • 大学生
  • 専門学校生

予備校生や職業訓生はキレイモの学割パックプランの対象にはならないためお気を付けください。

 

 

キレイモの学割を利用する時に必要なもの

 

キレイモの学割パックプランで全身脱毛をする時は、
申込時に学生であるのが前提条件で、
申し込む時には学生であることを確定できるものを持って行くことが求められます。

  • 学生証
  • 生徒手帳
  • 在学証明書

学割パックプランでも、申込者が未成年のケースは保護者の同意が不可欠なので、
キレイモ公式サイトから親権者同意書をダウンロードし、
必要事項を書き込んで契約する際に出しましょう。

 

 

 

 

 

通常

 

 

 

未成年が学割で脱毛をする時の注意点

 

未成年者でも学割で脱毛したいと考える人も近頃では多くなってきましたよね。
女性だったら20〜30代の芸能人がツヤツヤすべすべのお肌をしていることから、
男性だったらジャニーズ事務所等の芸能人がやはり男性の方と
は思えないほど流麗なお肌の人が多いといった影響で、
芸能人みたいになりたいと脱毛エステサロンでの脱毛を希望する方が多くなってきているそうです。

 

未成年者の脱毛に関しては年齢によっても脱毛効果を手にすることが出来るケースと、
一時的には脱毛効果を感じることが出来たとしても、
将来的には毛が再生されてしまう場合なんかもあるとのことです。

 

この理由は未成年者のケースでは、まだ成長途中であってホルモンバランスが崩れやすく、
一度ダメージを与えて壊された細胞も、再生することがあり得ると考えられています。

 

ほとんどの場合、多くの脱毛エステサロンでは16歳といった年齢を越している場合には
一般的な大人と同じような脱毛エステサロンでの脱毛施術ができるとしていますが、
それ以下のケースでは脱毛効果が持続するか断定できないため、
制限を定めた施術内容になっている事があります。

 

さらには、16歳以上のケースであっても、保護者や親権者の同意がない場合は
施術契約が認められない脱毛エステサロンがほとんどになっています。
この理由は未成年者を保護するといった主旨があります。、

 

 

 

【まとめ】

 

「デリケートゾーンや完全にをやってしまいたい」と思っていれば、銀座カラーが最有力となります。
もう夏まで時間がないっ!間に合わない!という方にはキレイモが早いのでおすすめです。
どのみち料金や時間、店舗などによって違ってくるため、
あなたの住んでいる地域や学校など、通いやすさは外せない要素となりますから、
試しに一回申し込んでリアルに体験することが重要だと思います。

 

それから限定的な考え方なのですが、
今年度、卒業される大学生の人は大学生の間に脱毛をスタートすると、
学割の適応になりますから、社会人になる前である大学のに在学中に
脱毛エステサロンで脱毛を始めるのがお得になります。

 

当然ながら、社会人の人であっても夜間の大学や2部学生の人は学割の適応となりますのでごご安心下さい。
専門学生はどういう扱いになるのかはサロンごとに違うので、直接お問合せ下さいね。